新着情報News

2021年02月18日
全国サイディング事業協同組合連合会 設立1周年記念ZOOMセミナー開催のお知らせ
「今後の経済動向と中小企業経営~"with コロナ"時代を生きぬくために~」

講師 山口義行 氏(やまぐちよしゆき)
日程 2021年3月10日(水)
時間 15:20~17:00(15:00開場)
開場 ZOOM開催
参加費無料

全国サイディング事業協同組合連合会の設立1周年記念として、ZOOMセミナーを開催する運びとなりました。

新型コロナウィルスの世界的な蔓延は、世界経済に大きな打撃を与えています。
日本においても、経済回復の兆しが見えない中、この厳しい経済環境にうまく適応できた企業と、そうではない企業の二極化は激しく、従来通りの経営方法が通用しない状況です。
そこで、今回、山口義行氏を講師にお迎えし、今後の経済動向の見通しと中小企業経営について貴重なお話を伺います。

オンライン開催で参加費無料となりますので、ぜひお申し込みください。

下記URLもしくはQRコードよりお申し込みいただけます。
 
https://www.siding.jp/seminar20210310/
※所属を「九州SD」を選択してお申し込みください。
2021年02月15日
リサイクル外装材(余剰在庫)一覧表 リリースのお知らせ
平素より当組合の活動に際し、一方ならぬご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、この度当組合では新しい活動として、「リサイクル外装材(余剰在庫)一覧表」をリリースいたしました。

こちらは、今まで余剰在庫として廃棄されていたサイディング材を組合員間で売買を行うことにより、ゴミとして処分されるサイディング材の総量を減らす取り組みです。

余剰在庫の保管場所にお困りの方や、少量のサイディング材が必要な際にご活用ください。

下記URLより、現在の余剰在庫の内容が確認できます。

https://kyushu-siding.jp/stock.php

また、組合員の方で余剰在庫の管理にお困りの方がいらっしゃれば、組合が代理で販売いたします。
ぜひ、ご相談ください。
2020年12月01日
年末年始休暇のお知らせ
平素は当組合の活動に際し、多大なるご理解・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、当組合では年末年始の休業日につきまして下記の通りとさせていただきます。
組合員の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。


□年末年始休業期間
 令和2年12月28日(月)~令和3年1月6日(水)

令和3年1月7日(木)より、通常業務を開始いたします。
なお、休業期間中に頂きましたお問合せ等は、令和3年1月7日(木)より、順次ご対応させて頂きます。
2020年10月07日
全国サイディング事業協同組合連合会加入のご報告
平素より、当組合の活動に際し一方ならぬご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、令和2年10月1日より当組合が全国サイディング事業協同組合連合会の一員となりましたことをご報告させていただきます。

全国サイディング事業協同組合連合会のホームページに記載されておりますので、ぜひご覧くださいませ。

https://www.siding.jp/member/

これからもより一層、組合員の皆様のお役に立てますよう努力して参ります。

今後とも、よろしくお願いいたします。
2020年06月24日
全国サイディング事業協同組合連合会 理事会における報告
令和2年6月24日14時~15時
全国サイディング事業協同組合連合会の理事会に参加させて頂きました。

全国の各エリアの代表の方々、この業界でも全国的にも名前のある凄い方ばかりで大変恐縮した理事会に九州サイディング事業協同組合として初めて参加しました。

サイディングの廃材をリサイクルする団体の代表も参加され、なんと15年もの長きにわたり窯業系サイディングの再利用を実施しておられる長年の実績ある方々も多数ご参加されておりました。 

何と嬉しい事に、リサイクルは九州でも出来るとの事でした。
今回は理事会にて詳細のお話しはできませんでしたが、また、九州サイディング事業協同組合理事の組合さんに限定して有益な情報としてこっそり共有させて頂く予定です。

理事会の話題のテーマは主に技能検定・技術講習・実習生を受け入れる特定事業認定がメインですが、今回は国土交通省からの要請を受けて、国内の窯業系サイディング工事業界の実態調査が行われるとのことでその為の準備でした。

簡単に言えば 全国で繰り返しサイディング事業を行っている企業を国が調査し工事会社の名称を国に提出するといった運びの様です。
全国サイディング事業協同組合連合会では全国の工事会社の登録制を推進するのではないかと感じました。
内容的には 国土交通省は業種認定の前の特定事業認定(=これが無いと正統に業界として認められていない=海外実習生を正当な方法で受け入れる企業にメリットが無い)を認める為にサイディング事業をになう企業の名称と数、その要望をまとめる流れになっているようです。
これは明らかに業界が進化進歩の第一歩となると感じました!

具体的には7月上旬に国土交通省の担当官と最終調整を行い全国一斉で調査が開始されます。
九州サイディング事業協同組合理事のメンバーの方は 自動的にこの事業を取り扱う適正な企業としての名称開示がされますのでご安心ください。
とは言え、組合員以外の企業もありますので これは様々な方法で情報開示される為、子の取り纏めのお手伝いを九州サイディング事業協同組合で実施する予定です。

ニチハやKMEW、旭トステムの窯業メーカーも国からの要請とあって、社長命令で調査の協力を実施するとの意向です。
もしかしたら知識レベルの高い営業担当者さんからこの内容についての説明が聞けるかも知れませんね。

連合会の理事会は2か月に一度、最近ではリモート会議にて開催可能なので大変便利になりました。
今後も理事会の情報等を組合員さんへ共有していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

調査員  工藤英寿
« 前ページ 1 / 6